ボイルカニと生カニさらに活カニ何が違うの?

活カニ?生カニ?ボイルカニ?何が違うの?

カニを調べていると、タラバガニやズワイカニといった種類の他に、

 

  • 活カニ
  • 生カニ
  • ボイルカニ

 

など色々なカニが存在します。

 

これって違い何よ??

 

って思いませんか?
今回は、「活カニ」「生カニ」「ボイルカニ」の違いについて解説していきたいと思います。

 

ボイルガニ

ボイルガニ

 

カニといったら、真っ先に思い浮かぶのが「ボイルカニ」です。
1度ボイルしているので、冷凍することで長期間保存も出来るので便利です。
日本で最も食べられているのが、ボイルガニです。
カニをあまりしらない人は、ボイルカニ以外の存在を知らない人もいるようです。
主に、「ズワイガニ」や「タラバガニ」でボイルされることが多く、「毛ガニ」はボイルされない。

 

ボイルガニ自体美味しい。
だが、新鮮さという意味では、、「活カニ」「生カニ」には負けてしまう。
本当に美味しいカニを食べたいのであれば、もう少し上グレードを食べてみよう!

 

生カニ

生カニ

 

カニに対して何も熱処理していない状態。
ボイルカニとちがい、若干黒い。
カニが届いたら、解凍後そのまま食べれるボイルカニと違い、何かしらの調理しなければならない。
手軽さはボイルカニに軍配が上がるが、味は断然上。
生カニは、焼いて焼きカニにして食べる方法が有名です。
ですが、とうぜん鍋に入れてしゃぶしゃぶにも出来ます。
カニしゃぶは、ボイルガニで食べるよりも味に深みがあります。

 

 

ボイルガニと悩む人多いが、ボイルカニより味は良い。
しかし、食べるのに一手間加えるのと、生なので冷凍でも保存期間が若干短くなる。

 

カニを愛するようになったらオススメ!!

 

活カニ

活カニ

 

(ほぼ)生きている状態で届けられるカニ。
当然、新鮮です笑
味は、ボイルカニと比べようにならないくらい美味しい。
だが、活カニは家庭では少し難があるのも事実。
毛ガニだと生きているので、大きな鍋を用意して、自宅で茹でなければならない。
カニは茹で方1つで味も大きく異なる。
ボイルカニや生カニは味が安定する。
しかし、活カニは自分で料理するので、料理の腕で味にバラツキが生まれてしまう。
正真正銘ののカニ刺し身なんて粋な事も、活カニしか出来ませんが、素人では難しい。
カニは生きていますが、2日程度で死んでしまいます。
できれば、届いたら早めに食べたいです。
長期間の保存には向かないので、通販で頼んだ場合出来るだけ早く食べなければならない。

 

難もあるが、小さな子どもいる家では、1番喜ばれるカニ!!
毛ガニの生きたカニに子供達は大興奮します。

 

活カニは数が少ないので、迷わずに速攻で頼んだほうが良いです!!

 

結局活カニ、生カニ、ボイルガニどれが良いの??

活カニ、生カニ、ボイルガニどれが良い

 

味だけを考えれば、活カニの1強です。
ですが、手間が掛かるのも事実。
私は1人暮らしで、面倒くさがりなので、「活カニ」が食べたいと思いつつも、ボイルカニを頼んでしまうことが多いです。
カニは、年末や正月に食べる人も多いでしょう。
少しでも、手間も減らしたいと思う人も多いと思います。
そういった人は、ボイルガニや生カニ。

 

手間も掛けても美味しいカニを食べたいならば、活カニといった選択で間違いないと思います。

 

前⇒カニ通販はなぜ安い?闇やカラクリでもあるの?
次⇒カニの生食は危険?自宅で安全に刺し身を食べる方法