カニ通販オススメランキング!

カニはなぜネット通販で購入すると安いのか?

カニはなぜネット通販で購入すると安いのか?

 

私は安くて良いカニを食べる方法として、「ネットで注文する」という方法が最も賢い選択だという事に行きつきました。
なぜなら、

 

安いのに高品質のカニが届くからです!

 

デパ地下で売られているカニ、料亭で食べるカニよりも値段が遥かに安い割に、カニのクオリティも高いのです。
私がカニを初めて注文した時に、

 

なんでこの値段でこの品質のカニが食べられるのだろう?

 

と疑問に思ったのです。
皆さんの中でも、ネット通販のカニって闇を感じる人、不安を感じる人も少なからずいると思います。
なので、ネットで買えるカニがなぜ安いのか調べてきました。

 

ネット販売による価格競争

 

カニの通販は私が知るだけで20社以上あります。
そうなると、価格競争は避けられない!
というのが実情だと思います。
これは、「カニ」だけではなくて、家電量販品などの商品でも該当します。
値段を調べると、実店舗より通販の方が安いなんてケースはよくありますよね。
カニは、特に値段が分かりやすくて実店舗では考えられない価格で高品質のカニを低価格で販売している業者も多くあります。

 

中間業者が少ないためマージンロスが少ない

通常カニが手元に届くまでには多くの業者を経由しています。
当然関わる業者が多ければその分、費用が掛かります。
この費用を計上してカニが小売店に並ぶのです。

 

では、中間業者が極端に少なければどうなるでしょう?
中間マージンが発生しないため、安く仕入れる事が可能となります。
ネット通販の業者は、元が卸業者であることも多い。
本来は、販売力のある小売店にカニを下ろしてカニを販売してもらいます。
しかし、小売店に頼らずに直接お客さんに届けれる販売ルートがあれば、カニは安くできるのです。
それこそが、カニ通販になるのです。

 

例えば、
私が大好きなかに本舗(匠本舗)では、社長が直接現地で買い付けをしているため、中間業者を通さずに安くて高品質なカニが直接届きます。

 

 

これは、かに本舗に限った話ではなくて、カネキタ北釧水産も企業努力が見られます。

 

カネキタ北釧水産ルート

 

船でカニが水揚げされ、そのカニが入札されます。
スーパーなどで出回っているカニは、複数回の問屋さんを経由してから店頭に並びます。
複数の問屋を経由するという事はその度にカニが移動されるので、費用だけでなく鮮度も落ちていきます。
しかし、1度の入札でカニを競り落としそのまま持ち帰れば新鮮で安いカニが手び入りやすいということです。

 

カニでネット通販をしている多くの企業は、経由する業者をできるだけ排除して鮮度の向上と値段を抑える努力をしています。
実店舗では実際にカニを確認できますが、通販サイトでは、実物は届くまで分かりません。
そのため、カニ通販は「信用」が求められるため、品質管理は実店舗以上に徹底しているのです。

 

多くのカニ通販の秘密は、ここにあるようです。

 

カニを大量仕入れしてコストを徹底的に下げる

商品というのは大量に仕入れれば、その分1個単位のコストが下がります。
つまり、大量に仕入れて、捌ける業者が結果的に「安い」といことになります。
かに本舗では、年間買い付けが500トンと開示しています。
その量は凄まじく、日本最大級と言えます。

 

良いと思ったら、船ごと買い付けるらしいです笑

 

船ごと買い付ける

 

 

見た目が悪いカニも販売出来る

大量仕入れで良いカニが揃うのは当然なのですが、中には足が取れてしまったり傷が付いてしまうカニも存在します。
そういったカニは、訳ありカニとして、さらに安く販売されます。
無駄なく販売できるのは、ネット通販の強みです。
これがデパートでは販売は難しいです。

 

キロ売り販売している

カニはケース単位で販売されています。
ケース単位って何?
ってことですが、

 

例えば毛ガニ500グラムのカニが2ハイ入っていて、それが1キロとして1箱にはいっていたりします。
しかし、実際には、500グラムのカニ1匹と550グラムのカニ1匹なんて事がよくあります。
こうなると、50グラム業者側は損してしまいます。
なので、ネット通販のお客さん相手には中途半端なグラムで販売していたりします。

 

1.1キロ3杯

 

毛ガニが3杯で1.1キロなんて中途半端な売り方をしています。
ですが、その分安く食べれるなら、多少カニの大きさにバラツキがあっても気にならないです。

 

安く売られているには理由がある!

いかかだったでしょうか?
カニ通販が通常の店舗で買うより安いのはそれなりに理由があるのです。

 

まとめると、

 

  • 中間業者が少ない
  • 大量仕入れ
  • 見た目が悪いカニ&グラムも販売できる

 

ということです。

 

前⇒トップページ
次⇒活カニ?生カニ?ボイルカニ?違いは何?←新鮮順です!